HOME > kickoff concert

2013年9月 被爆ピアノ使用コンサート (世界平和コンサートへの道キックオフコンサート)



HAKUJU20130906 サイト用.png


2014年6月、第一次世界大戦のきっかけとなった、サラエボ事件100年の節目にサラエボで行われる『第九』コンサートを最終地点とした「世界平和コンサートへの道」キックオフコンサート。

政治ジャーナリスト細川珠生さんと柳澤寿男を進行役に第二次世界大戦で広島の爆心地より約2キロにあったアップライトピアノを使用し、平和を願う音楽家たちが集う世界平和コンサートイベント。

【出演・演目】

川崎昌子(チェロ)

カザルス:カタロニア民謡「鳥の歌」
スペイン生まれのパブロ・カザルスが1961年ホワイトハウスで演奏した生まれ故郷の民謡。カタルーニャの小鳥たちは青い空に飛び上がるとピース、ピースと言って鳴く。

吉村美華子(ピアノ)

リスト:「愛の夢」第三番
「愛しうる限り愛せ」というフライリヒラートの詩による歌曲をピアノ用にリスト自身が編曲したもの。被ばくピアノを使用し、未来ある子供たちへのための子守歌の気持ちで弾く。

志田雄啓(テノール)

寺島尚彦:さとうきび畑
さとうきび畑の情景の描写を通じて、沖縄での悲しい歴史を淡々と歌い上げる。歌の主人公はひとりの少女。
彼女は沖中での戦闘で死んだ父親の顔を知らない。やがて成長して一人で父親の面影を求めてさとうきび畑に行く。父はなぜ殺されたのか、なにを恐れ自決したのか。通り抜ける風の音を聞きながら静かに悲しみを訴える。

齋藤友紀(フルート)

ヴィッチ:セルビア舞曲「コロ」
旧ユーゴスラビアのセルビア人作曲家ヴィッチの作品。

中川佳彦(ピアノ)・吉村美華子(ピアノ)

ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲(ピアノ2台による)
第二次世界大戦で右腕を失くしたオーストリアの名ピアニスト、パウル・ヴィットゲンシュタインの依頼により作曲された作品を被ばくピアノで演奏。

藤田美奈子(ソプラノ)・志田雄啓(テノール)

岩河智子:「ありがとうございました」
世界中の「ありがとうございました」という言葉を使った感動的な作品。

ほか。

【司会】

細川珠生 

政治ジャーナリスト

柳澤寿男

HAKUJU HALL 


2013年9月6日(金)
18:30会場 19:00開演 

3,000円 全自由席(未就学児不可)
チケット取扱い:HAKUJU HALLチケットセンター
TEL 03-5478-8700
チケットセンターURL

主催:世界平和コンサートへの道実行委員会
共催:株式会社 白寿科学研究所
協賛:株式会社 金鳳堂
協力:KSボランティア

お問合せ:世界平和コンサートへの道実行委員会



hakuju map.png
最寄駅:
小田急線代々木八幡駅南口より徒歩5分
千代田線代々木公園口出口1より徒歩5分